9.18訪問報告会「脱核への舵を取った韓国の人びと」

【報告】 とーち(奥田亮)、佐藤大介
9月18日(月祝)
14:30~16:30(14:00開場)

新大阪丸ビル 本館501号室
JR新大阪駅東口より徒歩2分
http://www.japan-life.co.jp/
参加費700円

ムン・ジェイン大統領が脱原発宣言をして2か月
マグニチュード5.8の慶州地震を体験したウォルソン原発近くの住民のお話
その原発のPR館の前でテントを張って抗議を続ける方の声
新政権が建設を中断させた新コリ原発5・6号機を間近で撮影

さらに、大統領の核政策ブレインのキム・イクチュン教授、緑の党のイ・ユジンさん、エネルギー正義行動のイ・ホンソク代表らから、情勢と展望を伺ってきた。

「・・・大統領のエピソードを聞いているうち、私も彼が実現可能な脱核の道を模索しているのだと思えてきた。 そしてなにより彼を選択したことで、この国を脱核へと向かう舵を握っていることに、人々が改めて気が付いた、そのことこそが、もっとも重要な脱核への道のはじまりではないか・・・」(とーち)

みなさん、ぜひお越しください。

主催:ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン <連絡先>080-6174-8358

marubiru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です