盈徳(ヨンドク)郡守、「原発建設関連業務、中断」決定

11月7日、盈徳郡庁に 盈徳郡議会、慶尚北道議員、そして40あまりの社会団体の代表者が集まり、イ・ヒジン盈徳郡守は、「地質安全性が検証されるまで原発建設に関連する一切の業務を中断する」とする記者会見を開いた。
11月7日、盈徳郡庁に 盈徳郡議会、慶尚北道議員、そして40あまりの社会団体の代表者が集まり、イ・ヒジン盈徳郡守は、「地質安全性が検証されるまで原発建設に関連する一切の業務を中断する」とする記者会見を開いた。

盈徳郡守、「原発建設関連業務、中断」決定

- パク・ヘリョン(盈徳核発電所反対汎郡民連帯) 「脱核新聞」11月号より

イ・ヒジン盈徳(ヨンドク)郡守は11月7日、記者会見を開き、「地質の安全性が検証されるまで、原発建設と関連する一切の業務を中断する」ことを明らかにした。記者会見には、盈徳郡議員、慶尚北道議員、そして40以上の社会団体の代表が参加した。

イ・ヒジン盈徳郡守は、9月に慶州で起きた地震によって盈徳郡民の不安が極度に高まったとし、原発誘致申請の当時、韓国水力原子力株式会社が示した安全の根拠を公開するよう求めた。中央政府に対して迅速な地質調査を要求し、その結果が出るまでは建設推進を中断、また、慶州地震の以前に政府が調査したヤンサン活断層の地質調査の結果を公表することを要求した。

イ・ヒジン盈徳郡守は、安全なはずの盈徳が慶州付近で発生した地震によってなぜ震動したのか、なぜ、郡民が家の外に飛び出さなければならないほど揺れたのかについて問うている。「今、一番大切なことは、私たち郡民の安全のみである」という内容の記者会見文で、イ・ヒジン盈徳郡守は「経済的理由のために不安を甘んじた2010年の状況と現在とは全く異なる」と主張した。

■ 盈徳郡守の決定を導いた「盈徳郡発展疎通委員会」の議決

イ・ヒジン盈徳郡守の公約によって作られた盈徳郡発展疎通委員会(以下、疎通委)は、10月13日、第7次臨時会で「政府が推進する盈徳原発建設の安全に対する私たちの見解」という緊急懸案を議決し、盈徳郡守にこれを公式意見として建議した。疎通委は「政府が推進する総合的な地質研究結果に依拠した確実な代案が準備されるまでは、現在進行中の原発建設に関連するすべての行為を中断し留保する」という内容で決議した。

これは、9月12日に慶州で起きた地震が1978年の気象庁による地震観測の開始以来、最大規模であるマグニチュード5.8の強震であるという点と、原発の申請当時の「盈徳は地震帯とは無関係」という認識がつぶれ、状況が大きく変化したことを反映した決定であると考えられている。

■ 最近の世論調査で、盈徳の民心を再び確認

10月18日、週刊誌が、盈徳原発建設の賛否を問う郡民世論調査の結果を発表した。結果は、「保留または廃棄」が60.5%、「予定通り推進」が25.5%で、原発建設に対する否定的な世論が広がっていることがわかる。また、原発建設の推進条件としては「総合的な地質調査に依拠した代案の準備が前提として示されなければならない」という項目が29.8%で一番多かった。世論調査の質問が偏頗的であったにもかかわらず、「反対」の比率が高く出たことは、今回の地震による盈徳住民の不安がどれほど大きいかを表している。

■ 住民投票の力、一年ぶりにその結実を見る!

こうした決定の最も大きな原動力は、昨年2015年11月11~12日に行なった「盈徳原発誘致の賛否を問う自主住民投票」だ。当時、10,274名の盈徳郡民が誘致反対に票を投じ、賛成は865名にしか及ばなかった。91.7%が原発誘致に反対したのだ。1年前の住民投票の主要な要求は「盈徳原発誘致撤廃、原発のない清浄な盈徳」だった。1年が過ぎた今、イ・ヒジン盈徳郡守は住民の要求に応えようとしている。

彼は「地質調査の結果が透明に公開された後には、原発申請当時とは異なり、必ず多様な方法で郡民の意見を聞き、その意に沿った手続きをふみたい」としている。これは、原発の誘致申請を事実上原点に戻すということを意味している。

■ 盈徳住民の要求は「白紙化」

盈徳原発反対汎郡民連帯は11月7日、声明書で「もう一歩踏み出して、地質調査とは無関係に、原発の危険性を認識した住民の決定を、より電撃的に認めること」を要求した。なぜなら、住民の安全のために最善を尽くすことは、盈徳への新規原発計画を白紙化することであり、それが完全な民意の反映であるからだ。盈徳郡守が住民の真意を受け、10大事業の全面拒否と白紙化を宣言することを見守りたい。住民は、盈徳郡議会がより積極的な立場表明をすることを期待している。

盈徳原発反対汎郡民連帯は、政府が盈徳原発指定告示撤回と建設計画の白紙化を宣言するよう要求し、これからも活動を続けていくことを明らかにした。

(ノーニュークス・アジアフォーラム通信No.143より)

10月17日、「盈徳核発電所反対汎郡民連帯」は、盈徳郡発展疎通委員会の盈徳原発誘致に係る業務の中断要求議決を歓迎し、イ・ヒジン盈徳郡守の原発誘致撤回の要求と産業通商資源部の盈徳原発指定告示撤回を求める記者会見を開いた。
10月17日、「盈徳核発電所反対汎郡民連帯」は、盈徳郡発展疎通委員会の盈徳原発誘致に係る業務の中断要求議決を歓迎し、イ・ヒジン盈徳郡守の原発誘致撤回の要求と産業通商資源部の盈徳原発指定告示撤回を求める記者会見を開いた。

広瀬隆、韓国で巡回講演「地震帯の原発の危険を語る」

143-5

広瀬隆、韓国で巡回講演「地震帯の原発の危険を語る」

- キム・ボンニョ(円仏教環境連帯)

韓国では試運転1基を含めて25基の原発が運転中である。9月12日、月城(ウォルソン)原発6基が動いている慶州(キョンジュ)でマグニチュード5.8の内陸地震が発生した。韓国の全地域で揺れを感知するほどの地震で、慶州への観光客が激減して観光業界が打撃を受けている。

正義党と円仏教環境連帯などは、広瀬隆さんを招待して10月24日から29日まで、国会議員会館・ウルサン・慶州・釜山で「地震帯に乗っている原発 - 韓国で地震発生、原発は大丈夫なのか」巡回講演会を行なった。

「阪神大地震の時から地殻変動期に入っているので、韓国でも地震が起きる。釜山・ウルサン・慶州辺りでは60くらいの活断層があり、マグニチュード7程度の地震がほぼ間違いなく起きる。大きい直下地震では耐震設計も意味がないし、韓国の原子炉の耐震基準は196ガルに過ぎない」「段差7メートルの大地震の痕跡が慶州にあるが、これは地震大国である日本の最大段差6メートルより大きいものだ」「2012年に梁山(ヤンサン)断層が活断層だということを確認したにもかかわらず、当局は隠蔽した。原発周辺人口密集度世界一で、大地震発生10分後に地震を知らせる国、大地震で原発事故が起きたら、みなさんは避難できるのか・・・」

原発現地では、広瀬さんがパワーポイントの画面をかえるたびに、聴衆から嘆きと溜め息がでた。ウルサンのある女性は、広瀬さんの講演の映像を60個のUSBにコピーして朴クネ退陣デモの上京バスへ渡して見せた。

韓国で地震関連の大衆講演会は初めてで、ハンギョレ新聞と釜山日報は広瀬さんのインタビューを大きく報道し、地方テレビ放送と脱核新聞や、オーマイニュースなどネット上の媒体でも講演の内容が紹介された。

一週間後ソウルで開かれた国際エネルギーシンポジウムで、ソウル市長は、月城原発6基と釜山の古里原発6基の運転中断要請宣言を出した。その数日後には、元郡長が新規原発を誘致したヨンドク郡の郡長が、原発建設推進業務を中断するという宣言をした。

これらの動きは、止まらない余震と広瀬さんの講演の影響だと思う。地震警告のための訪韓は成功したと思う。しかし、原発ゼロになるまでは安心できない毎日である。

「地震や津波は天災だが、原発震災は人災である」という広瀬さんのことばが忘れられない。

この文章を書きながら朴クネの弾劾案が通過したというニュースを聞いた。韓国語で弾劾と脱核の発音はほぼ同じである。「弾劾を越え脱核へ!」「やられる前に脱核!」。土曜日の明日、また広場で掲げる横断幕だ。

(ノーニュークス・アジアフォーラム通信No.143より)

●広瀬隆、韓国で10月、連続講演会(国会、慶州、ウルサン、プサン)
「地震帯上の原発、その危険を語る」(同時通訳はキム・ボンニョさん

・国会議員会館での講演2時間の映像。1分20秒以降は日本語で聞けます
https://drive.google.com/file/d/0BzZ4y6DIL7m4MzU4VXNZYmZsQ3M/view

・プサンでの講演2時間の映像。韓国語と日本語、両方で聞けます

************************
★ノーニュークス・アジアフォーラム通信143号(12月20日発行、B5-26p)もくじ

●国会は日印原子力協定を承認してはいけない!

●「日印原子力協力協定」に反対する共同アピール

●「日印原子力協定阻止キャンペーン2016」 11月の活動 (松久保肇)

●広島市長、長崎市長が、日印原子力協定 交渉中止を要求

●インドの新聞に掲載「福島の女たちからモディ首相への手紙」

●日印原子力協定について (原発ゼロの会)

●ベトナムの原発計画:中止のワケ (吉井美知子)

●広瀬隆、韓国で巡回講演「地震帯の原発の危険を語る」(キム・ボンニョ)

●盈德郡守、「原発業務推進、中断」決定 (パク・ヘリョン)

●東電賠償・廃炉費用、老朽炉廃炉費用の託送料金上乗せについて (原発ゼロの会)

●みんなが米山って書いたから、10月16日は脱原発記念日 (小木曾茂子)

●柏崎原発現地でも「再稼働反対」が過半数に! (矢部忠夫)

●泊原発再稼働阻止・大間原発建設反対10月集中行動 (佐藤英行)

●闘争の歴史を次世代に伝える - 海山原発闘争勝利15周年記念集会 (柴原洋一)

●原発メーカー訴訟原告団設立 (大久保徹夫)

年6回発行です。購読料(年2000円)
見本誌を無料で送ります。事務局へ連絡ください
sdaisuke@rice.ocn.ne.jp

★NNAF通信・主要掲載記事(No.1~143) http://www.nonukesasiaforum.org/jp/keisaikiji.htm

★本『原発をとめるアジアの人々』推薦文:広瀬隆・斎藤貴男・小出裕章・海渡雄一・伴英幸・河合弘之・鎌仲ひとみ・ミサオ・レッドウルフ・鎌田慧・満田夏花http://www.nonukesasiaforum.org/jp/136f.htm

ヨンドクからみなさまへ パク・ヘリョン

ノーニュークス・アジアフォーラム通信・号外より

ヨンドクからみなさまへ

パク・ヘリョン(ヨンドク核発電所反対汎郡民連帯・対外協力委員長)1372

脱核新聞読者と、ヨンドクを応援してくださる全国の脱核市民のみなさま

皆が「不可能だ」と言っていた「ヨンドク核発電所誘致の賛否を問う住民投票」が、11月11~12日に行なわれました。

人口4万に満たない海辺の小さな美しい町、ヨンドク。11,209人の投票参加と10,274人の反対票という驚くべき結果を得ました。開票の瞬間を迎えられただけで、あふれる涙を抑えることができませんでした。この驚くべき結果をともに創り出してくださった、この間ヨンドクに来てくださった数千人の脱核市民と、ヨンドクにお住まいの郡民のみなさまに、心からご挨拶もうしあげます。「ありがとうございました。決して忘れません」

「ヨンドクが核発電所の新規建設地に選ばれたことを知っている人はほとんどいない」という話を数年間聞かされてきました。住民すら行政の報復が怖くて息を殺していた数年の間にも、多くの人々がヨンドクを訪ねてくださいました。住民も報道も注目してくれませんでしたが「ヨンドク核発電所反対」の叫びをやめませんでした。

数ヶ月間、署名を集めてまわるなかで、住民投票が終わってからの住民たちとの対話のなかで、わかってきたことがあります。住民たちが何の反応も見せなかった「ヨンドク脱核希望バス」や大小の集会、「市」の立つ日の情宣、十数人でつないできた一人デモなど、数年間続けてきたことの一つ一つを、ヨンドクの住民たちは覚えてくれていたということです。韓水原が猛烈な非難を浴びせてきた「外部勢力、見慣れぬよそ者」たちの「市」での情宣と署名集めの記憶を、住民たちは希望として受け止めていたのです。「私たちを助けてくれる人がこんなにたくさんいるなんて、実にありがたい人たちじゃないか。そんな人があんなに多いのに、何で核発電所を作ろうとするのかの?」

原発よりも核発電所という名の方が通りがいいヨンドク住民は、いまや政府の話ではなく、核発電所反対活動をする汎郡民連帯の話を信じ信頼する人々となりました。「黄色いチョッキ」が近づけば固くなっていた顔が、今は手を先に差し出してあいさつをするほどです。

「連中が何て言ってるって? ダメだってか? そんでも最後まで反対せにゃ」。住民たちにとっては、政府の言う「全登録住民の33.3%の投票率が必要」という法的基準値など、重要でもなく意味もありません。なぜなら、これこそ政府のウソッパチ論理だということを、住民投票の過程を通じて見てきたからです。

「自主住民投票」には多くの困難がつきまといました。核発電所を阻止せねばという切迫感のため、「できもしないことにこだわっている」という外部の視線と、住民の意志を力強く結集させることができない内部の力量を克服せねばなりませんでした。「行政が行なわないなら住民投票実現は難しい」という一部の団体の持続的な批判も、「民間主導の住民投票」を決意することを難しくしました。

挫折のたびに痛みをともにし、住民投票成功のために汗を流した多くの顔、瞬間がありました。いつになく暑かった真夏の炎天下に署名集めに参加してくださった方たちの汗まみれの顔が思い出されます。「この一歩一歩の先にあるのが、たとえ住民投票成功でなくとも、この道をともに進むのだ」と歩んでくださり、つらい瞬間にも肩をたたきながら「がんばれ、やり抜くんだ」と激励してくださった心づかいを忘れてはいません。なにより20ヶ所の投票所を動かすために全国から駆けつけてくださった数百の脱核市民のみなさまと、徹夜で開票作業をしてくださった先生方に、ヨンドク住民は熱い感謝を送ります。今日のヨンドクをともに創ってくださった全国の連帯者のみなさまに、心からの感謝を送ります。

ヨンドク住民は「政府の原発建設強行と最後まで闘う」という希望と意志を育んでいます。今後もさらに堅い連帯と希望でヨンドクを守り、この地が核から守られることを願って。いかなる現場よりも連帯の力が大切だったヨンドクから。

今後も連帯の力でともに「ヨンドク脱核」「韓国脱核」を実現してゆきましょう。ありがとうございました。
(「脱核新聞」 12月号より、訳:功能大輔)

***********************
ノーニュークス・アジアフォーラム通信
号外もくじ
(16年1月20日発行)B5版12ページ
●原発事故被害者の闘いを伝え、アジアの友人とつながる(佐藤和良)
●世界中の人に知ってほしい(木幡ますみ)
●福島から、原発をとめるアジアの皆さまへ(橋本あき)
●韓国ヨンドクからみなさまへ(パク・ヘリョン)
●ミャンマーで小水力セミナー
(大津定美)
●台湾で考えたこと(黄積希)
●西川福井県知事の高浜原発再稼働同意はウソで塗り固められている
(若泉政人)
●福島原発事故の教訓と、住民の声に根差して、高浜原発3・4号の再稼働反対の運動を強めよう(避難計画を案ずる関西連絡会)
*******************
年6回発行です。購読料(年2000円)
見本誌を無料で送ります。
事務局へ連絡ください
sdaisuke?rice.ocn.ne.jp ?を@に
*******************
ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局
http://www.nonukesasiaforum.org/japan/